Top Page > その他ゲーム情報 > ゲームコラム > トランプ対サイコロをカイジ風に考える

トランプ対サイコロをカイジ風に考える

トランプとサイコロはどちらが勝つか?

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5079475.html

基本となるルールは、トランプ側は山札からめくる。めくったカードの数値が強さ。キングは13、クイーンは12、ジャックは11、エースは1とする。

サイコロ側は2個振る。2個の出目合計値で勝負する。

で、俺の思ったことは、

クソつまらないゲームをやってる段階で、AもBも敗北確定。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5079475.html
サイコロ1個の期待値は3.5。
トランプのカードは均等の確率で出る。カードの平均値は7。

http://now.ameba.jp/caballero-bgl/201000579/


つまり、確率的には引き分けになりそうだ。ところがだ。

トランプ対サイコロ。トランプをシャッフルするタイミングが不明。勝敗を真剣に考えると、このシャッフルのタイミングで勝敗が分かれる。シャッフルのタイミングを決める人が勝敗を決定づける。例えば、絵札が出るようだったら即シャッフル。低い数値が出るようなら当然シャッフルは見送る。

http://now.ameba.jp/caballero-bgl/201008092/


このトランプサイコロゲームにはシャッフルに関するルールの記述が皆無だ。こここそが肝だろう。

まず、このトランプサイコロゲームだが、基本的に面白くない運ゲームの典型のように思える。しかし、このシャッフルというアクションにより、勝率を左右できる。

そこで、こういうツマラナイゲームを面白くするための仕掛けとして、カイジっぽく金を賭けるとする。

(ボードゲームランドではギャンブルは推奨しません。金を賭けるという設定はフィクションです)

で、肝心のトランプの山札を、捨て札と一緒にしてシャッフルする権利、あるいはシャッフルさせない権利をお金で売買する。

そして当然ながら、トランプとサイコロ勝負に勝利すれば賭け金が得られる。

つまり、この、ギャンブルとしてのトランプサイコロゲームの金銭を得るための方法は二つ。

一つは数字比べ勝負に勝つこと。
もう一つはシャッフル権の売買。


「ククク・・・・・どうだ・・・・・・・・?
漂ってきただろう・・・・・・・・・・・・・・・・そろそろ・・・・・・・・・・
ぼろ儲け・・・・大金の匂いが・・・・!」
(利根川幸雄……賭博黙示録カイジより)
スポンサーサイト
[ 2010/12/26 20:00 ] その他ゲーム情報 ゲームコラム | TB(-) | CM(-)
FX