2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12









乗車券・ヨーロッパ

ボードゲーム・カードゲーム レビュー
DSCN0171.jpg

邦題:乗車券・ヨーロッパ
原題: TICKET TO RIDE EUROPE
別名:チケットTOライド ヨーロッパ
別名:チケット・トゥ・ライド ヨーロッパ
作者: Alan R.Moon
メーカー: DAYS OF WONDER
プレイ可能人数:2~5
年齢:8歳以上
所要時間: 30~60分
形態:B
重さ:ほどほど
要素:
戦略戦術■■■■■
駆け引き■
幸運不運■■■■

受賞歴: -


・原題の意味および、箱の表面に書かれている文字の意味
「TICKET TO RIDE EUROPE」の意味ですが、「乗車券・ヨーロッパ」です。そのままです。

・ゲーム内容の簡単な紹介
ドイツゲーム大賞受賞ゲーム「乗車券」のヨーロッパ版です。
マップが北米からヨーロッパに変わっていますが、ルール的にはあまり大きな変更はありません。

DSCN0173.jpg
ボードを広げてみました。

変更点は、
・フェリーがある
・トンネルがある
・駅舎がある
・目的地カードが長距離とその他に別れている
といったあたりでしょうか。

乗車券と乗車券ヨーロッパのどちらが良いか…と言われたら、私は迷い無く乗車券ヨーロッパの方が良いと答えるでしょう。

駅舎があって、目的地到達が容易になって、これが嬉しい変更点です。
DSCN0174.jpg
駅舎駒と列車駒。

あと、目的地カードが長距離(最初にとる)とその他に分かれたのもゲームバランスを良くしていると思います。

DSCN0175.jpg
使用されるカード。

DSCN0176.jpg
2人で遊んだ時の様子。

DSCN0177.jpg
収納。

・2人プレイについて:
海長とオビ湾によるゲームの面白さ評価:
海長とオビ湾によるゲームに対するコメント:
程よく取り合いになる場所があるので、好バランス。

・3人以上でやってみた:
海長とオビ湾によるゲームの面白さ評価:10
海長とオビ湾によるゲームに対するコメント:
個人的にはこれがシリーズ中、最も気持ち良いバランスです。

・コンポーネント
たくさん入っている列車駒はプラスチック製です。ヨーロッパが描かれたボードがあります。紙製カードもたくさんあります。得点マーカーは木製です。駅舎駒はプラスチック製です。
乗車券と比べてカードが大きくなっていて、カードにマークが付いています(マップのほうにも対応したマークが付いてます)。

注意:このゲームの日本語版が売られているようです。伝え聞いたところによると、ボードやカードなどが日本語表記ではないらしいです。
参照
http://www.tgiw.info/2010/10/post_919.html

・他サイトさまの紹介記事
プレイスペース広島
Funagain Games
Board Game Geek
play:game
Nagoya EJF
GIOCO DEL MONDO
海長とオビ湾のカジノロワイヤル
スポンサーサイト
[ 2011/01/02 20:01 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)
FX