じゃんけんしょうぎ

ボードゲーム・カードゲーム レビュー
DSCF6273s-.jpg

邦題:じゃんけんしょうぎ
原題:じゃんけんしょうぎ
作者:梅田龍一
メーカー:学研教育出版
プレイ可能人数:
年齢:
所要時間:
形態:B
重さ:軽い
要素:
戦略戦術■■■■■■■■
駆け引き■
幸運不運■

受賞歴:-


・ゲーム内容の簡単な紹介
サイコロ状のジャンケン駒を動かしていき、ゴールに着くこと、あるいは敵駒を全滅させることを目指すゲームです。

手でじゃんけんをするのではなく、駒に表示されているジャンケン記号の強弱で駒を取りっこするゲームです。

DSCF6272s-.jpg
ボードです。

DSCF6271s-.jpg
初期配置。

手番を交互に行っていきます。手番では、2アクションポイントを消費するようにします。この2アクションポイントを1個の駒に投入することもできますし、2個の駒に割り振ることもできます。

駒に割り当てられたアクションポイントが移動のために費やされます。駒の移動は転がる感じで移動していきます。通常の移動をするたびに、ジャンケン記号が変わっていきます。サイコロ状だからね。

駒にはジャンケンの手が描かれており、これがとても重要です。敵駒と自駒が隣接しているときに、このジャンケンの手で勝っているならば、1アクションポイントを消費することで敵駒を除去できるのです。この除去ですが、通常時の移動と異なり、スライドする感じで移動します。

この攻撃が効果的に発揮されると、「敵駒を同時に2個殲滅」ということも可能です。アクションポイントは2ですから、2個を倒す、が上限なんでしょう。

このゲームは、結構シビアなアブストラクトゲームだと思いますが説明書を読むと、手番で考える時間は30秒程度に、ということが書かれています。こういった「30秒縛り」がある方が、テキパキとゲームが進んでいいのだろうと思います。

しかし、このゲームは非公開情報は皆無ですから、(この30秒縛りを無視すれば)考え出すとベストに近い選択肢に辿り着けると思います。そういう楽しみ方は私の好むところではないのですが、そういったガチなアブストラクト的楽しみ方もできるゲームなのではないか、と思います。

DSCF6270s-.jpg
オレンジの勝利。

・コンポーネント
サイコロ状のジャンケン駒が入っています。このゲームのヴァリアントに用いるサイコロも付いてます。

・カードのサイズ
このゲームはコンポーネントにカードを含みません。

・他サイトさまの紹介記事
ゲームデザイナーのブログ
スポンサーサイト
[ 2011/02/17 20:01 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)
FX