Top Page > ボードゲーム・カードゲームレビュー > ラー・ザ・ダイスゲーム

ラー・ザ・ダイスゲーム

ボードゲーム・カードゲーム レビュー
DSCF5484s-.jpg

邦題:ラー・ザ・ダイスゲーム
原題:RA THE DICE GAME
別名:ラー・ダイスゲーム
別名:ラー・ダイス
作者:Reiner Knizia
メーカー:RIO GRANDE GAMES
プレイ可能人数:2~4
年齢:10歳以上
所要時間:30~45分
形態:B
重さ:やや軽い
要素:
戦略戦術■■
駆け引き■■■
幸運不運■■■■■

受賞歴:-


・ゲーム内容の簡単な紹介
ラーというクニツィーア作の名作競りゲームがあるのですが、それのダイスゲーム版がこのゲームです。

競りゲームではなく、ダイスゲームになっていますので、競りの要素がゴッソリ無くなっています。その代わりに、「手番」が導入され、手番に於いてサイコロを振り、出目に応じてファラオやら、ナイルやらを獲得していきます。獲得していった要素がラウンド終了時に得点化されます。ゲームは3ラウンドにわたって行われ、ゲーム終了時に最も勝利点を稼いでいる人の勝利になります。

DSCF5487s-.jpg
付属の特殊ダイスとラー駒。

DSCF5486s-.jpg
ボードを広げたところ。

手番では5つある特殊サイコロを振ります。3回振ることが可能ですが、「太陽」の目だけは例外で、太陽の目は太陽トラックに置かれたままになります。それ以外でしたら全く自由に、振ることも保留することもできます。一旦確保したダイスも3回の制限内なら振りなおしができます。

6面体サイコロなのですが、「ファラオ」、「ナイル」、「文明」、「モニュメント」、「アンク」、「太陽」という目になっています。それが赤、青、黄色、緑、紫の5つあります。

ファラオは最も多く持っている人は5点、最も少ない人はマイナス2点になります。

ナイルは少なくとも氾濫状態でなければ点になりません。氾濫が起こっていて、トラックを進んでいればその分得点になります。

文明は0個だとマイナス5点、1~2個は0点、3個は5点、4個は10点、5個は15点です。

アンクはワイルドカードです。太陽以外に代用ができます。アンクを代用にしない場合は2個セットで2点になります。

モニュメントはゲーム終了時だけ得点になります。

太陽は1~2個の場合は、ラー駒を進めます。3個は得点3点になり、4~5個だと他プレイヤーに災害を起こします。

こういった得点計算の方式がラーから引き継がれていますので、ラー経験者には馴染みやすい得点計算方式です。

太陽の目が1~2個の場合、ラー駒が進んでいくのですが、ラー駒がゴールに着くとラウンドが終わり、3回ラウンドが終わるとゲーム終了になります。

DSCF5555s-.jpg
3人プレイ時のゲーム終了時の様子(2009年9月19日)。

・コンポーネント
ラー駒は木製でいい感じです。サイコロも木製だったらより良いように思いますが、プラスチック製です。

・カードのサイズ
このゲームはコンポーネントにカードを含みません。

・BGM
「アイーダ」の凱旋行進曲はどうでしょう。


・他サイトさまの紹介記事
メビウスゲームズ
プレイスペース広島
Funagain Games
Board Game Geek
play:game
Nagoya EJF
GIOCO DEL MONDO
ふうかのボードゲーム日記
スポンサーサイト
[ 2010/12/12 20:01 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)
FX