2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12









ミスターX

DSCF6628s-.jpg

スコットランドヤードシリーズの第3作、それがミスターXです。ちなみに第2作はニューヨークチェイスです。

DSCF6629s-.jpg
ボードを広げたところ。

DSCF6631s-.jpg
ミスターX用サンバイザーを装着。視線の先はどこ???

DSCF6625s-.jpg
ミスターXと探索者(説明書には一言も刑事とは書かれていない)の鬼ごっこ。それがミスターXです。

スコットランドヤードではロンドン、ニューヨークチェイスではニューヨークでしたが、今回はヨーロッパ全土で鬼ごっこです。

DSCF6624s-.jpg

ラウンドはまず、ミスターXから行動します。

1.移動orスペシャルアクション
2.移動に使ったチケットをチケットボードへ
3.移動先をメモに記入
4.いらないチケットを捨てる
5.チケットを8枚になるように補充

次いで探索者側の行動です。

1.移動
2.スペシャルアクション
3.いらないチケットを捨てる
4.チケットの補充

最後に位置の確認をします。このとき、もしも探索者が、Xのいた場所の最近の4か所に着いた場合、そのことが明らかにされます。

また、スペシャルアクションで用いられたチケットはゲームから除外されますが、それ以外の使用されたチケットはラウンドの終わりに袋に戻します。

Xは目的地に着けば勝利。探索者はXがいる都市に着ければ勝利です。

スコットランドヤードと異なり、一定のラウンド数経過でXはボードに現れたりしません。
しかし、最近いた場所(4ラウンド)に探索者が着いた場合はそれを明かさねばなりませんし、スペシャルアクションの効果で過去にいた場所を明かす必要があります。

DSCF6634s-.jpg
下の箱側面に書かれた都市の名前。

DSCF6626s-.jpg
スポンサーサイト
[ 2011/08/22 03:12 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)
FX