Top Page > ボードゲーム・カードゲームレビュー > エアライン・ヨーロッパ

エアライン・ヨーロッパ

DSCF6665s-.jpg

ヨーロッパで航空路線を引いていき、発展させる株ゲームです。

DSCF6658s-.jpg
ボードを広げたところ。

手番でできることは4つあり、

A.航空路線の拡張プラス株券入手

B.株式の公開プラス金銭獲得

C.エアアバクス株入手

D.金銭入手

というのがそれです。

株を持っているとそれが勝利点につながりますが、手札で持っている、のでは持っていることになりません。手元に公開している、これでようやく持っていることになるのです。

株(手元)を増やすのはBのアクションですが、手札が手元に行くわけですからまずは手札を増やさねばなりません。そのためのアクションがAです。

Aのアクションをするには航空路線拡張ですがこれには金銭が必要です。金銭をダイレクトに得るアクションはD。Bをしてもお金が得られます。

エアアバクスという路線を持たない特殊な航空会社もあります。これも株を持っていてエアアバクス株も大きな勝利点につながるのでCのアクションもおろそかにできないでしょう。


DSCF6652s-.jpg
2人プレイ時ゲーム終盤の様子。

DSCF6653s-.jpg
スポンサーサイト
[ 2011/10/01 16:04 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)
FX