2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06









Top Page > ボードゲーム・カードゲームレビュー > 暁の鉄道(2012年版)

暁の鉄道(2012年版)

DSCF6800s-.jpg
暁の鉄道2012年版です。

2011年版、というのもあるのですが、ルール上の違いはないです。ただコンポーネントが立派になっているのでその分値段が上がってしまっています。

DSCF6802s-.jpg
ボードです。東京駅が中心辺りにあり、山手線の駅、中央線の駅が描かれています。駅と駅の位置関係は大よそはあっています。

DSCF6810s-.jpg
ゲームの準備終了!各駅にはランダムに商品駒が置かれます。ここからどんな線路が引かれていくでしょうか?


このゲームは手番になったら4つの手順を順番に行っていきます。4つの手順を終えると手番が終わりになります。

手順1:補助金の追加。ボード下の方に「製鉄所」があります。そこに残っている線路タイルに対して1円の補助金を追加します。残されれば残されるほど補助金が積まれていくのでやがては補助金ごと選択されるであろう・・・・と思います。

手順2:線路の配置。製鉄所に置かれている2枚のタイルのうちいずれか一方を選択しそれをボード上に配置します。

手順3:電車タイルの配置。手順2で置いた線路に対して占有するつもりがあるのならこのステップで電車タイルを置くようにします。電車タイル枚数には限りがあるので不要となったボード上の電車タイルの活用もしましょう。

手順4:商品駒の輸送。商品駒には色が付いてます。色が示すのは目的地になる駅の色です。例えば、赤い駒は赤い駅まで運ばれるのです。商品駒が通ると(例え手番でなくても)輸送料が銀行からもらえます。したがって、交通の要衝になるような場所に対して、手順3で電車タイルを置いておくようにすべきなのです。


このゲームでは他プレイヤーと利用し合う、というのが大事です。商品を運べば何しろ輸送料が発生しますから、一人で黙々と線路を敷いても誰も利用してくれない、では旨味が少ないです。
そこで誰かと協力する、というのが大事なのです。

また、商品駒の輸送でポイントなのは、輸送すると商品駒自体を獲得できる、ということです。獲得した商品駒はついたてで隠しておくようにします。

DSCF6807s-.jpg
ついたて

ゲーム終了時に、獲得した商品駒を色別で比較します。そこで駒数で順位が付けられより順位が高いと多くの賞金が得られるのです。このゲーム終了時の賞金は安くないのでどの色を狙うか、効率的な色の狙い目はどこかを考えた上で輸送をせねばなりません。

輸送をすることで、ひょっとしたら他プレイヤーに輸送料を取られてしまうかもしれませんが、それでも場合によっては輸送した方が良い、のかもしれません。

DSCF6812s-.jpg
プレイの様子。

より詳細な情報は公式ブログで!
http://gardengames.blog40.fc2.com/
スポンサーサイト
[ 2012/11/02 03:20 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)
FX