2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07









ネラッタ/ナランダ

DSCF6935s-.jpg
これは箱です。水色とピンク色の2色が目立つ箱は、ゲーム名もそうなのですが、「ネラッタ」と「ナランダ」の二通りの遊び方ができるぞ!ということを強調しているような見た目です。

2人対戦用に特化しているカードゲームです。



DSCF6930s-.jpg
こちらの画像はネラッタの様子です。ネラッタにしてもナランダにしても遊びには同一のカードを使うのですが、用具的に異なる部分はこの画像で示しているようなスコア表示法です。

ネラッタの場合、お互いが体力点10点を持ってスタートし、それを技を繰り出すことで互いに体力を削りあう……そんなゲームです。イメージ的には1対1の格闘技のようなゲームなのでしょう。

プレイヤーは手番になったら1~3枚のカードを手札から繰り出します。このカードの組み合わせにより何らかの技=役が定まっているのですが、実際に遊ぶ際は

「ネラッタ!」「反撃!」

みたいな感じで技名を発声するといいかもしれません。技を決めると相手の体力は減るでしょう。もっともダメな役は「ミスッタ」という技(?)でこれは全くノーダメージです。このミスッタ以外の技を繰り出すように頑張りましょう。

手番は交互に回ってきますが、相手の番で運が良ければ反撃が可能です。当然反撃が決まれば相手の体力を削れるでしょう。

こんな感じで相手の体力を0まで削れれば勝利になります。



DSCF6931s-.jpg
こちらはナランダの様子です。

ネラッタでは、手札の中から役を完成させてそれをドーンと出す感じでしたが、こちらのナランダでは場札の状態で役ができるようにするゲームです。

手番では手札から1枚のカードを対応する色の所に出します。色は、赤、黄色、青の3色があるのでキチンと対応する色の所にプレイするようにします。こうすることで、場札の並びで何らかの役ができてるなら得点、あるいは相手を失点させることができるでしょう。



シンプルなカード構成、シンプルなルールで手軽に楽しめるゲームだと思います。これは強調すべきことと思いますが、二通りの遊び方ができるのでどちらにもチャンレンジすべき、と思います。
スポンサーサイト
[ 2013/05/13 03:13 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)
FX