2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12









タージマハル

DSCF6944s-.jpg
箱です。

DSCF6945s-.jpg
ボードを広げたところ。インド北西部、12に分割されたエリアです。

このゲームは、分かってしまえばいっそシンプルな感じさえするのですが、やはり少々敷居が高い、つまり小難しいゲームなのでしょう。

ゲームの肝は、オークションです。オークションによりいろんなものが手に入るのですが、ざっくり言うと

・宮殿(人間タイル、ボーナスタイル、特殊カード、人間シンボルにより入手できる)、
・エリアタイル(象の力により入手できる)

この2種類が手に入るのです。

主な得点源は、

・宮殿
・ボーナスタイル・エリアタイル

です。基本となるのは、1点、です。そこから伸びてくる部分も足し合わせてそれぞれが1点。

例えば、宮殿を手に入れたとします。それをボード上に置くのですが、これが基本となる1得点です。これと宮殿が道伝いに連続すると、連続したエリア数が得点になります。

もう一つ例を出しましょう。「香辛料」のボーナスタイルを得ました。それ自体が1得点です。さらに、既に持っている分の香辛料タイルがそれぞれ1得点になるのです。

また、取得したエリアタイルにもボーナスタイルと同様の産物が描いてあるのでこれも計算します。



オークションは、「離脱」のオークションです。自分の番になったら、

カードプレイ or 離脱

この選択しかありません。カードプレイには、既に出しているカードによる色の縛りがあり自由奔放にはいきません。カードプレイにより、プレイしているマークの数を釣り上げることができるでしょう。

離脱、により得られるアイテムが定まります。離脱をする時点で、他プレイヤーと比べて、

人間マーク、象マーク

でリードをしているとそのマークに応じたアイテムが得られます。
象の場合はエリアタイル、人間の場合は楕円形タイルです。人間マークの場合はさらに宮殿配置もあります。

これでラウンドから抜けられるのですが、2枚のカードを場札から補充します。しかしラウンドで最後での離脱となると補充できるカードは1枚になってしまいます。さすがクニツィア先生はキビシイお方です。

DSCF6934s-.jpg
2人プレイ、ゲーム終了時の様子。

2人用ルールがplay:gameにあります!

山札を丁寧に、丁寧に、混ぜることで、ある程度ダミーが強くないと興醒めです!このゲームでは特にカードをよく混ぜましょう。
スポンサーサイト
[ 2013/08/01 04:50 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)
FX