2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05









トバゴ

ボードゲーム・カードゲーム レビュー
DSCF5704s-.jpg

邦題:トバゴ
原題:TOBAGO
作者:Bruce Allen
メーカー:Zoch zum Spielen
プレイ可能人数:2~4
年齢:10歳以上
所要時間:60分
形態:B
重さ:やや重い
要素:
戦略戦術■■■
駆け引き■■
幸運不運■■■■■

受賞歴:
2010年ドイツゲーム賞4位



・ゲーム内容の簡単な紹介
トバゴ島で隠された秘宝の発見を目指すボードゲームです。

DSCF5696s-.jpg
ボードの準備完了!

カードプレイにより、財宝の場所は絞られていきます。例えば、「最大規模の森の中」とか、「川のすぐ隣の地点」とか、「ヤシの木の2マス隣」のような断片的な情報があります。これら情報はカードにアイコンで示されていてカードプレイにより、絞られた財宝の場所が1ヶ所に特定されます。そこに四輪駆動の車で駆けつけて発掘をするのです。

手番では次の2つのアクションのうち、どちらかをします。
1.カードプレイにより、財宝のありかを絞る
2.車に乗って移動する

宝にありつくと、財宝の分配をします。財宝の分配は発見のためにより貢献度が高いと、多くの財宝カードが獲得できるチャンスになります。財宝の場所を絞るために複数枚のカードが出ているはずですが、自分が出したカードには自分のマーカーを置いておきます。これにより貢献度が明示されるのです。

DSCF5699s-.jpg
お宝発見の貢献度はカード上に置かれている円いマーカーで表示されています。

貢献度と同じ枚数だけお宝カードを引きその内容を見た後、それらカードを一旦集め、さらに1枚のお宝カードを加えてそれらを分配していきます。一旦、一部とはいえどんな内容のカードがあるかは分かっているのですから、最低でも自分が見た分だけ、あわよくばそれ以上のカードを得られるようにしましょう。

呪われたカードというものがあり、これをまともに喰らうとせっかく獲得したお宝カード1枚を手放さなくてはなりません。それを回避するのがアミュレットです。アミュレットは神秘の力を帯びていて、呪いの回避の他、いろいろ役割があり、持っているとお得なアイテムです。これも集めて活用しましょう。

DSCF5697s-.jpg
プレイの様子。

お宝カードの山が尽きたらゲームは終わり、最もたくさんのお宝を得られればこのゲームに勝利できます。

・2人プレイについて
(9)やおきん:財宝のありかを絞っていく所がうまく表現されていて楽しかったです。個人的に過程を楽しめるゲームや雰囲気・ロマンを感じられるゲームが好きなのでこのゲームとはとても相性が良かったです。 財宝を発見したプレイヤーだけが得点するのではなく「手がかり」に貢献したプレイヤー全員に財宝を獲得できる可能性があるので、険悪にならないのも好印象でした。 コンポーネントの雰囲気もかなり良いと思います。
ただ、手がかりカードのプレイ時・特殊効果のアミュレット使用時など何度か確認を要することがあった点や、プレイヤー同士の直接的な絡みの少ないソロプレイ感の強いゲームである点などは好みによるところだと思います。
(2010年1月29日)

・コンポーネント
コンポーネントはすごく気合が入っています。モアイが石でできています。スゴイ!
DSCF5706s-.jpg
ヤシの木駒と小屋駒。

四輪駆動車は僅かですが塗装もされていてかわいらしいです。
DSCF5707s-.jpg

ボードがとてもへんてこな形をしていて、3つのパーツに分かれていてそれが両面です。多くのパターンの島が構成できるようになっています。
DSCF5705s-.jpg

・カードのサイズ
(44×66mm):93枚

・他サイトさまの紹介記事
メビウスゲームズ
プレイスペース広島
Funagain Games
Board Game Geek
play:game
Nagoya EJF
GIOCO DEL MONDO
ふうかのボードゲーム日記
洋々雑記
遊星からのフリーキック
浅く潜れ!
スポンサーサイト
[ 2011/05/14 03:32 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)
FX