2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11









グーチョキパーゲーム

ボードゲーム・カードゲーム レビュー

邦題:グーチョキパーゲーム
原題:グーチョキパーゲーム
作者:関場 純
メーカー:ヒラメキ工房
プレイ可能人数:
年齢:-
所要時間:-
形態:B
重さ:軽い
要素:
戦略戦術■■■■■■■
駆け引き■■
幸運不運■

受賞歴:-


・ゲーム内容の簡単な紹介
将棋やチェス、ガイスターのように、交互に手番を行い、勝利を目指す2人専用ゲームです。

DSCF4807s-.jpg
ボードです。木製。

DSCF4808s-.jpg
ゲームを始めるところ。初期配置が決まっていないところが、面白いところです。

実は、このグーチョキパーゲームと似ているゲームがあります。それは、ジャンケンプラスというゲームです。似ていますが、違います。


【グーチョキパーゲームとジャンケンプラスの比較】
王将の有無:
グーチョキパーゲームにはキング駒があり、これが勝利条件と絡んでいますが、ジャンケンプラスにはそういう駒はありません。

駒の動き:
グーチョキパーゲームはキング駒以外の駒は、前、斜め前、横が移動可能です。後退はできません。ジャンケンプラスは将棋の王将のような動きをします(つまり後退も可能)。
グーチョキパーゲームの駒の動きの例外は、キング駒です。キング駒はチェスで言うところのクイーンのような動きが可能で、後退もできます。

盤面:
グーチョキパーゲームは5×5の25マスです。ジャンケンプラスは組み換えが可能なようになっています。組み換えが可能ですが、一番基本になる盤面は6×6の36マスです。これが4つの正方形ボードに分かれています。

初期配置:
グーチョキパーゲームの初期配置は、独特です。プレイヤーが、同時に置く駒を決めて、それを「いっせいのせッ」で自陣に配置します。配置に自由さがあるのはいい点だと思います。ジャンケンプラスはルールに初期配置の図が描いてあります。グーチョキパーゲームの初期配置のルールをジャンケンプラスに取り込むことは可能です。

じゃんけんコマ取りゲームの考案:
グーチョキパーゲームのメーカーサイトを見てみると、「じゃんけんコマ取りゲーム」のルールが載っています。このルールでは私はプレイをしたことがないのですが、なかなか面白そうなルールです。このルールの考案は関場氏によるものと思いますが、このルールはジャンケンプラスにも適応可能です。



・コンポーネント
じゃんけんで使う「グー」と「チョキ」と「パー」の3種の駒があります。さらに、キング駒があります。裏面は、「ベクトル将棋」用の駒の動きを示しています。

・カードのサイズ
このゲームはコンポーネントにカードを含みません。
スポンサーサイト
[ 2012/07/28 03:42 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)
FX