2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10









ケルト

ボードゲーム・カードゲーム レビュー
DSCF4949s-.jpg

邦題:ケルト
原題:Keltis
作者:Reiner Knizia
メーカー:KOSMOS
プレイ可能人数:2~4
年齢:10歳以上
所要時間:30分
形態:B
重さ:やや軽い
要素:
戦略戦術■■■
駆け引き■■
幸運不運■■■■■

受賞歴:
2008年ドイツゲーム大賞
2008年ドイツゲーム賞8位
2008年日本ボードゲーム大賞7位



・ゲーム内容の簡単な紹介
多くのゲームを作り、しかもヒットゲームが多数あるゲームデザイナー、ライナー・クニツィーア。彼は長い間、ドイツゲーム大賞作に恵まれず、「無冠の帝王」と言われていました。しかし無冠の帝王と言う称号もこのゲームで返上です。2008年ドイツゲーム大賞受賞作ケルトを簡単に説明します。

DSCF4951s-.jpg
ボードを広げてみました。

このゲームについて、よく言われるのが、ロストシティが3人・4人でできるようになった……と言うことです。
確かにルール的にはよく似ています。まず、手札から1枚カードをプレイをして(もしくは捨て札にして)、山札か捨て札の一番上から補充する……と言うことを繰り返します。ね、そっくりでしょ!

カードをプレイするタイミングで自分の駒を進ませます。駒はスタート地点にいると0点です。1歩前進するとマイナス4点、2歩ならマイナス3点と言う感じで、少ししか進めないとマイナスになります。マイナスになるくらいなら、進ませない方がいいのです。4歩目からプラス点になります。そして遠くに行けばいくほど得点が入ります。

DSCF4944s-.jpg
タイルを置いて、駒もスタート位置に置きました。

ロストシティでは小さいカードから大きいカードへ進ませる、ということになっていましたがケルトでは昇順か降順のいずれかが選択できます。これはいったん決まると変更ができないので手札を見て判断しましょう。

DSCF4945s-.jpg
カードは昇順か降順か選べます。

駒には「高い駒」と「中くらいの駒」の2種類があります。高い駒は2倍の点になりますので、これはゴールの10点に到達させたいですね。

あと、駒の進むマスによってはタイルが置かれています。即、勝利点になるタイル、駒がもう1歩前進させるラッキーなタイル、集めれば集めるほど価値が増す「願いの石」といった取ればお得なタイルがゲームのアクセントになっています。

DSCF4946s-.jpg
2人プレイ時のゲーム終了時の様子。

・2人プレイについて:

海長とオビ湾によるゲームの面白さ評価:
海長とオビ湾によるゲームに対するコメント:
2人でも面白いですが、より地味なゲームになってしまう気も。

Area51によるゲームの面白さ評価:
Area51によるゲームに対するコメント:
2人でも楽しい。駒を少なくとも4列に進めないと勝てない。

・3人以上でやってみた:

海長とオビ湾によるゲームの面白さ評価:
海長とオビ湾によるゲームに対するコメント:
やはり4人が良いです。クローバーの駒がかわいい。

Area51によるゲームの面白さ評価:
Area51によるゲームに対するコメント:
ルール簡単、時間もかからないし、連続でプレイできる手軽さがある。悩みどころも多く、ロストシティと違って数字を大きい方からでも小さい方からでも出せるルールが素晴らしい。石の得点が非常に重要で、これを取らないとまず勝てない。ドイツゲームやボードゲームの入門的なゲームとしてもいい。ゲーム大賞に相応しい好ゲーム。ただ、お値段が高いのと場所を取る大きな箱が残念。

・コンポーネント
内容物に比較して、値段の高さ、箱の無駄な大きさがよく指摘されます。その通りだと思います。
値段については小売店が利益を上げねばなりませんし、ユーロが高い……という事情があるので理解できますが、箱の大きさは工夫の余地があったように思います。

・他サイトさまの紹介記事
メビウスゲームズ
プレイスペース広島
Funagain Games
Board Game Geek
play:game
Nagoya EJF
Table Games in the World
GIOCO DEL MONDO
週刊じゃむたん通信
洋々雑記
遊星からのフリーキック
ふうかのボードゲーム日記
スポンサーサイト
[ 2010/11/28 20:03 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)
FX